ちょびのチョビ髭な干しぶどう

日本料理はいいもんだ!
それだけを胸に
ドイツのケルンでちょびが駆け回る!





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





最後のゴゾ満喫記

ゆうべは嵐だった・・・。
俺が寝てる部屋の外は道路なんだけど、
窓がないから外が見れないのね。
そしたら雨脚が段々強まってきて、
ザァーという音から、
ドォーという音に変わって、
まるで川が流れてるかのような音になったのね。
でも外がどんな状況になってるのか分からないのよ。
音だけの情報って恐い・・・。 


そして今朝起きてみたら、
あらいい天気じゃない!
これは観光日和だ!

ゴゾに30回くらい来たわりには、
意外と見て回ってなかったんだよね。
そこで今日は学校サボッてゴゾ観光というわけだ。


車に乗り込んでいざ出発。
まず感じたのが、
ここマルタの夏はまさに荒野。
茶色い景色が永遠と続いてたんだけど、
雨期に入って雨も降るようになったからか緑がすごく増えたのだ。
P1060215.JPG

まず向かったのがラムラベイ。
赤砂できれいなビーチだ。
手前の方は昨晩の豪雨で濁ってるけど、
本当は真っ青らしい。
P1060216.JPG



上の写真の右上の方にあるほら穴わかるかな?
P1060223.JPG

あそこにも下から行くことができるのだ。
ただ雨のあとということで上からのアプローチを試みた。
車で迷いながら、
多分この辺だよね、
と手探りでさがしてると、
見つけた!
洞窟への入口。
P1060288.JPG

中に入れば広がるのは洞窟。
こないだ行ったアームダラムの洞窟よりも遥かに感動した。


P1060283.JPG

すぐにラムラベイを見下ろせる。
P1060286.JPG

脇にある小さな穴から見える海もまたきれい!
P1060277.JPG

ここはもちろんガイドブックにも案内標識もないので、
っていうかこの洞窟の名前すら知らない・・・。
頑張って探してね。


次に向かったのがカリプソの洞窟。
これまたおもしろい。
少し奥に進むとな〜んにも見えないくらい真っ暗。
探検してる気分でちょっとエキサイトできるぜ!
P1060232.JPG

この急な階段を下って入っていく。
もうすぐに真っ暗になる。
雨上がりだからか、
あらゆるところでしずくがポタポタ。
地面もよく滑る。
そんな中基本手探りだけで進んでいく。

ただ真っ暗な洞窟に俺はトラウマがあるのだ。
中学生のころ鎌倉の洞窟で、
行き止まりで写真を撮ったら物凄い数のムカデが・・・。
それ以来ちょっと慎重になってる。
P1060241.JPG

P1060243.JPG

P1060248.JPG

足場も悪かったからここで断念。
P1060249.JPG


また車を走らせれば別のきれいな海が見えてくる。
P1060321.JPG

それにしてもあちこちで道路わきの積み石が崩壊してたり、
雨やんでるのに水が道路に流れてたり、
ゆうべの雨のすごさを物語っている。


続いてパン工場。
快く撮影させてくれた。
ちょうど言ったときにはマルタパンが焼きあがったところだった。
この窯の中にバレーボールくらいのパンが数十個焼かれていた。
でもパン屋特有のあのいい匂いはしなかったな・・・。
P1060312.JPG

だいぶ前にも書いたけど、
マルタパンってけっこう美味いんだぜ。
ただそれは買って次の日まで。
そのあとは表面が尋常じゃなく堅くなって、
中も水分を失って味が一気に落ちる。
でもこの大きさで50〜60セントだけどね。

P1060309.JPG


最後に向かったのが塩田
ゴゾの塩ってなかなかうまいんだぜ。
海水をただ天日干しにして他には一切手を加えてない本当に自然の塩。
P1060341.JPG

このゴゾの塩を作ってるのがこの人。
P1060351.JPG

すごいゴゾ訛りの英語と、
前歯がないのでなかなか話が聞きとれず・・・。
でも不器用そうだけどいい方だったよ。


いやぁゴゾ満喫したぜ!
これでマルタもゴゾも心残りはないぞ。

帰国まであと3日。
あとは帰る準備しなきゃだな。

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑ クリックしていってね。
posted by ちょび 08:22comments(4)trackbacks(0)pookmark





青の洞窟 カプリ島vsマルタ島

今日も昨日の話。
朝起きて窓を開けると・・・
まぁなんていい天気!

“こりゃ学校行ってる場合じゃねぇ!
そうだ、ブルーグロットへ行こう!!!”

何の迷いもなく学校をさぼることを決意した。
ブルーグロットとはこないだも書いたけど、
マルタの青の洞窟。
今回の目的はまた洞窟の中に入ること。
前にも入ったことあるんだけど、
そのときは午後だったのね。
ここもカプリ同様午前がきれいなんだって。
そんなわけで午前のブルーグロットを見てみたくて。


朝寮を出るとき仲のいい掃除のおばちゃんに、
「おはよう!今日は天気がいいから学校行かずにブルーグロットに行くことにした!」
っていうと、
「それはいい考えだわ!こんないい天気だもんね。」
最初説教されるかと思ったけど、
こうやって賛同してくれてテンションあがりっぱなし!


バスを乗り継いでブルーグロットに着くと、
上からの眺望は無視してボート乗り場へ一直線。
この少し手前にチケット売り場があって、
ここを降りると乗り場だ。
P1060071.JPG

チケットはひとり7ユーロ、
高くはないよね。

さぁいざ出発。
こんな感じでいくつかある洞窟を入っていく。
それぞれの洞窟ではとどまることはなく、
ゆっくり旋回するくらいの時間しかない。
もう少し何回転か回ってくれたらうれしいんだけど。
P1060076.JPG

P1060132.JPG

一番奥深い洞窟
ここは青を楽しむというよりは、
洞窟そのものを楽しむって感じかな。
P1060096.JPG

さてそしていよいよ青の洞窟と言われる、
神秘的なブルーだ!!!
P1060080.JPG

P1060090.JPG

P1060102.JPG

P1060109.JPG

P1060113.JPG

ぬはっっっ!!!
めっちゃきれいじゃん!
前回はこんなの全くなかったぜ!
午前と午後でこんなに違うとは・・・。
学校さぼってまでリベンジして良かった。

午後のは透き通っててキレイだねくらいだったから。
やっぱりブルーグロットへは朝がおすすめ!

カプリの青の洞窟は本当にきれいだったけど、
このマルタのもそれぞれの洞窟で違う顔を持っていて、
意外とカプリに負けてないぜ!


この日はせっかくだから観光しまくろうと心に決めて、
前日行けなかったタルシーン神殿へ3度目の正直!
今回は時間も充分あるし、
場所も覚えてるし大丈夫だろう。

その前に同じバスでいけるアーム・ダラムの洞窟へ行くことにした。
ここは地上の洞窟ね。
バスの運ちゃんに着いたら教えてもらうように頼んで、
降りたバス停の向かい側に入口を発見。
P1060134.JPG

ここの入場料は5ユーロ。
入ってすぐのところに資料館と博物館がある。
ここにはカバ、象、狼、狐、鹿などの化石や、
部分部分の化石がビッシリと展示されている。
P1060135.JPG

ここを過ぎて洞窟に向かうと、
何やら入口が見えてくる。
このとき観光客は俺だけで、
係員すらもいなかったから洞窟独り占め!!!
ちょっとテンションあがっちゃった!
P1060139.JPG

中に入るとまぁ普通の洞窟ですわな。
以前から言ってる通りこういうのに興味がないので、
“ふ〜ん”くらいにしか思わない。
ちなみにこれが入ることのできる中の一番奥から。
P1060142.JPG


このあとはタルシーンには向かわず、
同じバスの終点まで行ってみた。
まず見えたのが
“プリティベイ”
P1060146.JPG

プリティねぇ・・・。
景色も工業地帯でどうにもプリティとは結びつかない。
まぁ砂浜できれいだったけどね。

あとは当然ながら大きな教会。
P1060155.JPG

そしてこれ!
P1060156.JPG

ここマルタでは日本の中古車がけっこう入ってきてて、
こういう日本業者の名前の入ったままのトラックもよく見かけるのだ。
こないだ以前勤めてたとこで取引してた業者のトラックも見かけたし。
多分こっちの人からすると
そのまま日本語を残すのが“粋”なんだと思う。


そしていよいよタルシーン神殿へ。
今回は何事もなく入場。
さてどんなもんか。
まずはガイドブックに写真で載ってるここ、
中央祭壇だって。
P1060172.JPG

あとはまぁこんなじような感じ。
P1060162.JPG

P1060163.JPG

P1060168.JPG

今度考古学でも勉強しようかね・・・。
いや、やらないな。
一応これも世界遺産。


今さらだけどいいマルタの楽しみ方を見つけてしまった!
公共バスの1日券とか買って、
来たバス適当に乗って適当に降りてっていうのもいいかも。
それぞれの街で違う顔持ってるし、
新しい発見があるかもよ。
実際“このバスどこに行くんだろう”って思うのいっぱいあるし。


夜はきのう言った通りパーチェビルへ。
昨日はヤバイほど酔っ払った・・・。
2度吐いて、
帰り道は30分近く歩くんだけど、
歩きながら寝てたし・・・。
すっかり飲兵衛になってしまった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑ クリックしていってね!
posted by ちょび 08:26comments(1)trackbacks(0)pookmark





将来のプロポーズはここだな!

さて今日も昨日の話。
おとといの夜パーチェビルに行って酔っ払ったまでは書いたよね。
昨日の朝、
どうにか起きて学校行ったんだけどさ、
ファーストレッスン、
先生の言ってることは完全に右から左。
目はうつろ・・・。
二日酔いどころかまだ酔ってた。

なのでセカンドレッスンは放棄。
周りに迷惑をかけてしまう・・・。


ちょっと昼寝して友達とタルシーン神殿へ。
今は授業より観光や遊びが大事!
こないだ空港まで行っちゃって行けなかったリベンジ。

そして今回は・・・、
また間に合わなかった!!!
閉館5分オーバー。
う〜ん残念!

諦めて近くにあった大聖堂へ。
P1060056.JPG

そのあとはバレッタに戻ってディナーへ。
そのあと夜のアッパーバラッカガーデンを見に行ったんだけど、
やっぱりここからの眺めは夜が好きだな。
スリーシティズの夜景をね。
P1060064.JPG

公園の真ん中の噴水もライトアップ。
ムード満点ですなぁ〜!!!
P1060069.JPG



そして今日もアクティブに行動したけど、
これから金曜恒例のパーチェビルに行くので続きはまた明日!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑ クリックよろしく!!!
posted by ちょび 03:06comments(0)trackbacks(0)pookmark





マルタのベストビーチへ招待

きのうの夜の時点での今日の天気予報はHeavy shower、
つまり強い雨。
今朝起きてみたらあらいい天気じゃない。
再度天気予報を見てみるとPartly Cloudy。
ほとんど晴れ。
こっちの天気予報はこんな感じです。


というわけで昨日書いた通り、
ダブリンから遊びに来てくれた友達とマルサシュロックへ行くことに。
いつもはサンジュリアンからだいれくとで、
まずはバレッタで待ち合わせをして、
そこからマルサシュロックへ向かったのね。
なんと公共のバスなのにガイド付き。
P1050974.JPG

前にバレッタ経由で行ったときはガイドがいて、
他のバスでは見たことない。

今日はきれいな青空。
これにマルタの漁船が映えるんだよね〜。
果たしてこのアングルで写真撮るの何回目だろ。
P1050980.JPG



今日のマーケットの列はいつもと反対方向に伸びていて、
こんなヒドイ(?)ところも。
舟上げ用に海から坂になってるところで波が足もとまであがってくるのだ。
P1050976.JPG



このあとバレッタに戻って、
一緒に写真撮ってもらおう、
ってことでそこにいたおじちゃんに頼んだのね。
そしたら、
デジカメの使い方知らなかったみたい・・・。
しかも物凄く手が震えていて、
(おいおい、大丈夫かな?頼む人間違えたな〜)
なんて思ってたら撮れたみたいで確認してみると、
P1050985.JPG

案の定俺の顔が切れてる・・・。
もう一度撮ってもらったけど、
今度は少しボケてる・・・。

まぁいっかと思って、
「完璧だよ、ありがとう!!!」
と言って立ち去った。
完璧ではなかったけど、
快く撮ってくれたことに感謝。


続いて向かったのがゴールデンベイ。
マルタのビーチでは一番有名で人気があるとこじゃないかな。
P1050990.JPG

でも人気なだけに人も多いからあまり好きじゃない。
そこで俺は彼女を(彼女じゃないぜ)別のビーチに連れて行った。
ここから歩いて10分くらい。
以前にも書いたことあるけど、
アインフィトゥーハベイというところ。
言いにくいだろ?
俺一度じゃ言えないぜ!!!

スリーマからのダイレクトバスで行くと、
ゴールデンベイのひとつ手前で下車。
でもバス停からは何にも見えないのだ。
P1050991.JPG

あの左の方にある原付きの隣を入っていくと、
一気にキレイな景色が広がる。
P1050993.JPG

そして下に下る階段もあるけど、
こんな道を歩いて降りるのもウキウキしてくるぜ!
P1050992.JPG

ここは俺がマルタで一番キレイなビーチだと思ってるところで、
海はもちろんキレイな青やエメラルドグリーン、
このときは曇ってたから少しくすんでるけど。
真夏でもそんなに有名でもなく人もそんなに多くはなかったし。
まぁ1〜2ヶ月の短期留学生はたいていこの存在に気付かない。
どんなに俺がキレイだって教えてもみんなゴールデンベイを選ぶ。

遠浅で、行けども行けども砂地。
これだけ離れてもまだ海面は胸くらい。
P1060005.JPG

そしてこれが海面首くらいのところから撮った足。
この透明度分かる?
P1060003.JPG

彼女はけっこうワイルドな女の子で、
けっこう寒かったんだけどせっかくだから泳ぐって。
もちろん俺もそのつもりだった。
大きなビーチに来るのはこれが最後だし、
寒いといっても風がそんなになかったから。

もう1度入ってしまえば海の中の方が温かい。

P1060008.JPG

なんか俺勝ち誇った顔してるけど、
アクマでムフフな関係ではありません・・・。
ってかけっこう長く海の中にいたからさすがに冷えてきて、
顔が硬直し始めてたんだよね。

このあと俺はすぐにあがったけど、
彼女はもう少し泳いでからあがるって。
強いな〜。

きっとこれが俺も最後の海水浴だろうな。
最後に一番好きなビーチで泳げて本当によかった!
これも彼女のおかげだね。


さっきも書いたけどこの彼女けっこうワイルドな女の子で、
ひとりでどこでもいっちゃうし、
何でもやっちゃう性格なのね。
俺と会う前の2日間もいろんなところに行って楽しんだみたいで、
物凄くマルタを気に入ってくれたし、
俺は本当に来てくれたことが嬉しかったし、
俺、幸せ・・・!

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑ クリックよろしくです!

posted by ちょび 03:08comments(0)trackbacks(0)pookmark





俺・・・負けない!

今日の授業は最後の方は料理について!
俺の専門分野だ!
い〜っつも置いていかれてる俺が、
一等星のように輝いた瞬間!
それでも月まではまだほど遠い・・・。



気分もよくしたところで今日も遺跡見に行くぞ!
って気合入れてバスに乗ったんだけど、
結局見れずに帰ってきました・・・。

なんでかって?
今日行こうと思ってたところは、
バレッタからバスで15分くらいのところにあるらしいんだけどさ、
降りる場所が分からないから運ちゃんに頼んでおいたわけよ。

それで安心しきったちょび一行は話で盛り上がってて、
気付いたら終点の空港に着いちゃったわけ。
運ちゃんに、
「教えるの忘れたでしょ?」
って聞いたら、
「叫んだけど人がいっぱいで聞こえなかったんだろ。」
そんなこたねぇ!
と思ったけど、
いや、やっぱりそうかもって思って、
「そうだったの〜!そりゃ申し訳ない。じゃあ次また教えてもらっていいかい?」
って頼んだら、
「ああいいよ。代金はいらねぇーぜ!でも・・・」
“でも”???? 
「もう神殿には入れないと思うぞ。」

・・・・・?

まさかっ!
慌ててガイドブックを見ると、
最終入場時間は4:30。
現在時刻4:40。

あきらめた。
でもせっかくここまで来たので空港見学。
ただ空港内を歩くだけ。
所要時間約10分。

この10分のために往復3時間近くかけて・・・。
でも空港でしばらくおしゃべりして楽しかったし、
そんなハプニングも結構笑えたからいいんだけどね。
それに次回挑戦するときは同じ方角に、
別の遺跡があることも発見したし!
ただの無駄足にはしないぜっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑ クリックしていってね!
posted by ちょび 06:52comments(2)trackbacks(0)pookmark





静寂のガラス

さてさて昨日の続き。
俺の大好きなイムディーナへ2度目の観光だ。

バスでイムディーナへ向かうと、
見たことなくても遠くから見て、
「あれがそうじゃねぇ!?」
って分かるくらい存在感があるのだ。。
P1050822.JPG

その前に発見した不思議な花。
俺は興味のかけらもなかった花。
日本では視界にすら入らない花。
でもこんなものにも目がいくのが海外の魔力。
P1050812.JPG

前回来たときは寒くて仕方がなかったけど、
今回も寒い・・・。
ここはちょっと高台にあるから風も強いんだよね。


まずイムディーナについて迎えてくれたのは、
やっぱり猫だった!
ラブリィねこ〜!
P1050833.JPG


ここの大聖堂に入るとたまたま結婚式で、
何やら貴重な瞬間を見れたのだ。
でも本当は入っちゃいけなかったらしくて、
すぐに係員に追い出されてしまった・・・。
でもそのあと写真撮影のどさくさにまぎれて俺も撮っちゃった!
人の結婚式は国は違えどハッピーな気持ちになるもんだね。
P1050887.JPG


あとはこないだのイムディーナのブログに書いた通りなんだけど、
俺のお気に入りの通りをひとつ紹介。
なんかわからないけどそこを通るたびにふと止まって見ちゃうんだよね。
P1050870.JPG

特にここの夜の顔が大好きなんだけどね。
ちなみにこの通りの名前。
P1050871.JPG


あとイムディーナでよく見かけるのがこの花。
P1050875.JPG

P1050877.JPG

ブーゲンビリア。
俺の長年の疑問だったブーゲンビリア。
なんで疑問だったかって、
“さよなら人類”
って曲覚えてる?
その歌詞の一部で、
「ブーゲンビリアの木の下で(だったかな?)」
ってのがあって、
ブーゲンビリアって何?
ってずっと思ってたのよ。
この謎が解けただけでもマルタに来たかいがあったってもんだ。


ここでマルタの中で有名なのがイムディーナグラス。
以前も書いたけど今回はいっぱい写真撮ってきた。
P1050836.JPG

P1050850.JPG

P1050840.JPG

なかなかきれいでしょ?
おみやげに是非・・・、
と言いたいところだけど、
俺はパス。
だって重いし危険じゃん。
以前ベネツィアングラスをお土産に買って、
帰るときどんだけ気を使ったかって。


サイレントシティと言われるイムディーナだけど、
昨日は観光客も多くてちょっとイマイチ。
やっぱり平日がおすすめだな。
特に夜!
シ〜ンって音が聞こえるくらい静かだから。
その際には帰りのバスに注意!


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
posted by ちょび 04:20comments(4)trackbacks(0)pookmark





城下町ラバトの地下墓地の呪い(?)

雨だと思ってた今日も、
雲は多かったけど時折薄日も差すくらいの天気。

休みの日の割には珍しく9時半ころ早起き。
あ、今“おそっ!”って思ったでしょ!
日本にいるときから寝るのが3〜4時だった俺にとっては、
これが早起きなのだ!!!
ほっといてくれ。('A`)y-~~

俺と同じく昨日ダラダラ過ごしたルームメイト達も、
同じころにボチボチと起き始めたのだ。
そしてなんやかんや話してるうちにイムディーナに行くことになった。

イムディーナって以前書いたけど覚えてるかな?
首都が現在のバレッタに移る前のマルタの首都だった街。


寮を出てバスを待っていると、
何やら音楽隊がいたのだ。
しかもマルタ人の顔じゃねぇ・・・。
P1050756.JPG

パッと見はアメリカ人っぽかったかな。
ほとんどは中学生くらいの若者だったけど、
けっこう演奏も動きも揃っててきれいだったな。


まぁそれはいいとして、
イムディーナに着いてまず隣のラバトという街へ行ったのだ。
ここはまだイムディーナが首都だった頃、
城下町として栄えた街。
今日は日曜日ということもあって観光客がいっぱい。
だから俺日曜日に出かけるの好きじゃないの・・・。

そのラバトにある地下墓地へと入ってみる。
P1050808.JPG

P1050771.JPG

そういやこないだ書いたブルーグロットの近くにある、
2つの伝説を持った洞窟というのは、
大きな間違いでここの近くにあるとか・・・。
先生もよく分かってなかったのか、
俺が英語を聞き間違えたのか、
おそらく後者だと思うけど・・・。

入場料5ユーロを払って、
いざ階段を下りていく。
P1050772.JPG

まぁ何がなんなんだかよく分からないけど、
思ったより広い。
当然だが暗い。
場所によっては明りが届かず本当に真っ暗なところも。
よっぽどちっちゃな女の子以外は頭ゴチンしそうなくらい低いところがたくさん。
すれ違えないほど狭い通路。

そして何よりラビリンス。
一度入ったら出口に辿りつかない。
同じところをグルグル周り続ける。
同じ行き止まりに何回もひっかかる。
同じ観光客と何度も顔を合わせる。
最後には自分がどこにいるのか分からなくなってしまう。
これが故人の呪いなのか・・・。

でもそれは俺が極度の方向音痴だからだったみたい・・・。
友達はスイスイ出口に向かったもんな。

P1050777.JPG

P1050779.JPG

P1050803.JPG

最後の写真のテーブルが特に重要みたい。
誰だか重要人物が死んだときに最後のお別れの食事をしたと言われてる。
らしい!!!
いまいちガイドブックを見てもピンとこないのよ。

でも俺ここちょっと惹かれたかも。
何かを感じるのだ・・・。
故人の呪いか・・・!!!
なんてね。
まぁこないだの神殿よりは良かったな。


このあとご飯を食べにレストランへ。
ルームメイトのクラスの先生が、
マルタで一番いいレストランだと絶賛してたらしい店。

まず感じたのが、
ハエまみれ!!!
確かにマルタはハエが物凄い多いけど、
ここは特にひどかった・・・。
まぁでもさすがにそれはだいぶ慣れてたからそんなに気にならなかった。

結論からいうと、
味・・・中の上(日本でなら中の下)
提供時間・・・普通(日本でならこれ絶対忘れてるよね!って思うころ。)
サービス・・・中の下(日本でなら論外)、
清潔感・・・中の下。(日本でなら営業停止)

前のお客さんが使ったテーブルクロスを、
その場でバサッと払って再利用。
それなら敷かない方がよくね?

このマルタと日本のレベルのバランス参考にしてね。
これ見るとこないだ俺がデザートをベタ褒めしたレストランが、
どれだけ良かったか分かるでしょ?
あれいつだっけ?
3〜4週間前だったかな?


まぁなんだかんだ腹の膨れたうちらは、
こんなものに乗ってみた。
P1050810.JPG

実は俺は乗り気じゃなかったんだけどね。
ルート見ても大したことないし、
これに乗るくらいなら歩いて見て周った方がよく見れるし。
やっぱり俺は一人旅向きなんだ、って思った。

まぁでもどうせ乗るなら楽しもうと。
子供のようにはしゃいでたけどね(笑)
P1050820.JPG

でも現実的な感想。
約30分イムディーナの周りを走って4ユーロ。
このあと前の席も埋まって、
思うように外が見えない。
やっぱり必要なかったなって思った。

サイトシーングじゃなくアトラクションとしては楽しいかもね。
いろんな観光客が手を振ってくれたりしたし。


そして俺の大好きなイムディーナへ・・・。
今日は眠いのでまた明日ね〜。


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑ クリックを忘れずにしていってね!
posted by ちょび 05:22comments(0)trackbacks(0)pookmark





これまた世界遺産のマルタの神殿だけど・・・

 

続きを読む >>
posted by ちょび 03:41comments(2)trackbacks(0)pookmark





バレッタ探検隊

久しぶりにバレッタ観光。
こんなにバレッタを昼に歩いたのは4月以来かね。
でも猫ばっかり写真に撮っちゃった。
P1050661.JPG

P1050667.JPG

P1050676.JPG

P1050670.JPG

P1050684.JPG
早くなんか釣りあげてくれよ〜

帰りはバレッタとスリーマを運航するボートで帰ったんだけど、
このボート乗り場に降りる階段がこれ。
P1050680.JPG

何やら秘密基地にでも入るかのような階段。
中は薄暗く汚い。
まるでインディーンジョーンズのような・・・。
女の子だけじゃちょっと恐いかも。
でももっといい行き方がある気がするけど。

P1050682.JPG

そしてこのボートに乗って約15分でスリーマに着くのだ。
ちなみにこれは片道94セント。
安い・・・。



帰ってからはロシア人のオルガがお菓子遊び。
こんなかわいいの作ってた。
P1050692.JPG

ちなみに“SHINO”が俺です。
最近本当の名前を覚えてもらうのが面倒で、
“シノ”に統一し始めてるんだけど、
外人からするとシノも難しいらしい・・・。
う〜ん、なんかいいものないだろうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑ クリックお願いします
posted by ちょび 06:15comments(6)trackbacks(0)pookmark





安さだけなら築地に負けない魚市場

マルタで日曜の午前中といえば?
そろそろ覚えたかな?
マルサシュロックでのフィッシュマーケットだ。
まぁそう簡単には覚えられないわな。

今日も行ってきたのよ。
これで5回目だったかな。
うちのルームメイトと行って晩飯は魚料理を食おうと。
ただ17歳のオランダ人、
ゆうべ帰ってきたのが午前5時。
どうせこんなことだろうとは思ったけどね。
結局起こしても起きれず留守番。


3月に初めて行ったとき以来の時間制限なく見て周れたんだけど、
まぁ露店の数の物凄いこと。
やっぱり夏になって増えてたんだね。


魚屋はもちろん、
他にも野菜、洋服、下着、靴、土産、雑貨、ペット
とかいろんな店が出ててけっこう楽しいのだ。
そしてどれも安いんだって!
ジーンズが8ユーロ、
皮靴が10ユーロ、
UOMOのパンツが2ユーロとか。


“ONLY5ユーロ”って書いてあるから全部5ユーロ、
と思わせといて、
安いなと思って手に取ると、
「それは7ユーロね。」
とか言われるので注意。

帰りの飛行機に向けて荷物を増やせない俺は何も買わず、
いくつかの魚介だけ。


そして買い物が終わったらちょっと散歩。
これまた気持ちがいい。
マルタカラーの漁船がいっぱい停まってる海を眺めながらね。




このあとレストランで食事したんだけど、
オーダーしてから10分後、
ようやくドリンク到着。
30分後、40分後・・・
いつまでたっても料理がこない。
やる気なさそーに働いてる男の子を呼んで、
「料理がまだ来ないんだけど。」
「今確認してくる。」
その後彼は出てこなくなってしまった・・・。
でもその5分後くらいに料理来たけど。

そして料理、
せっかくだから魚介のスパゲッティを頼んだんだけど、
冷凍物の魚介を使用・・・。
味もおいしくない・・・。

はぁ〜、
サービス最悪、料理も最悪・・・、
嫌なランチタイムだった。
まぁ観光名所のレストランにはリサーチしてから入らないとダメだね。


そんだけ時間がかかったおかげで、
クーラーボックスに入れといた魚も家に着いた時には温かくなってしまった・・・。
ちなみにこれが今日の戦利品。


右下のがマルタ名物のランプーキという魚。
これでたったの2ユーロ、
右上が鯵で3匹で3ユーロ、
小海老が200gで2ユーロ、
烏賊が2杯で4ユーロ。
これだけ買って全部で11ユーロだよ。
めっちゃ安くね?


帰って下処理だけしてビーチへダッシュ!
今日は久しぶりに夏が戻ってきたかのような暑さ。
そこでくつろいじゃったもんだから、
晩飯つくるの億劫になっちゃって手抜き料理にしちゃった。

ランプーキのグリル、クリームソース。
鯵の中華ソテー。
烏賊と海老のスパゲッティビアンコ。

でもなんだかんだおいしかったよ。


さて明日から学校だ。
酔い子なので早く寝ます!
(↑誤変換でこうなっちゃったんだけど、
 今の俺には丁度良かったからそのままにしちゃった。)

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑ クリックお願いいます!!!
posted by ちょび 05:33comments(2)trackbacks(0)pookmark