ちょびのチョビ髭な干しぶどう

日本料理はいいもんだ!
それだけを胸に
ドイツのケルンでちょびが駆け回る!





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





俺のマルタ

やっと観れた!!!
アナザースカイ・ジミーちゃん編!
友達が教えてくれたインターネットでの配信。
やっぱりほとんどの友達が言ったとおりジミーちゃんがメインで(当然?)、
マルタのことは少しだけだたけど、
あの少しのマルタの映像がヤバイ・・・。
友達が涙止まらなかったというのが分かる。
さすがテレビ、
音楽などの演出も余計に感動させてくれた。
涙出そうなところでジミーちゃんのボケが炸裂して笑っちゃったけど。


あれ観たらまたマルタのこと書きたくなっちゃって・・・。
しばしお付き合いお願いします(笑)
でも書きたいこと全部書いたら膨大な量になっちゃうからできるだけ厳選してね。
去年とおととしの写真をミックスしてるのでサイズがバラバラだけど許して。


まずはマルタと言えばキレイな海!!!
透明度は沖縄の何倍って言ったかな、
とにかく青い!




そして忘れちゃいけないのがコミノの海。
完璧なまでのエメラルドグリーン!


こんなキレイな海にちょっと時間できたらフラッと海水浴に行ける。
なんて幸せだったんだろう・・・!

そんなキレイな海を見ながら8ヶ月間ほぼ毎日歩いた通学路。
寮から学校まで歩いて20分の道のり、
1度もしんどいと思ったことがないくらい気持ちがいいプロムナード。


これがアナザースカイにも出てきたスピノーラベイ。
ここからサンジュリアンと逆方面のバルータベイの方に向かう途中に、
ジミーちゃんもとっていたウニがゴロゴロしてる場所があるのだ。


黒い物体全部ウニ!!!
最初は俺も目を疑った。
でも当然俺はとりに行ったさ!
プロムナードには数人のギャラリーができてたけど(笑)
そのとき俺はスプーンなどは持ってなかったから、
使ったのは部屋の鍵。
頑張ってほじくってウニゲット!
まるっきりジミーちゃんと同じように殻を割ってすくって食べた。
ここも全て鍵で。
反応もほぼ一緒だった(笑)
一つ目は身がちょっとしか入ってなかったところも一緒。
なのでなんとなく「うん、うまい。」
としか言えなく、
二つ目はいっぱい入ってて「うまい!!!」
と感激。
あまりに同じ過ぎて笑った!



マルタには中世の街並みが残る場所がいくつもある。
以前ブログに書いたが、
他の国でもガイドブックで“中世の街並み”と言われる場所は多々あったけど、
マルタほどそれを感じるところはまだ出会ってないな。


まずこれは首都バレッタ。
バレッタは街の中に入るよりこのアングルが好き!


これはそのバレッタにあるアッパーバラッカガーデンというところから見たスリーシティズ。
昔の要塞そのままといった感じだ。


スリーシティズは街中に入った方が中世っぽい。
というかこれぞ“中世の街並み”と俺は感じた。



マルタは度肝抜く自然がいっぱい!
まずはアナザースカイにも出てきたアズールウィンドウ。

波と風のよる浸食でできた自然のアーチ。


アフリカだったかシチリアだったか忘れたけど、
大昔にどっちかと切り離された崖。
あいまいで申し訳ない・・・。
この崖もちろん(?)柵などはないのでけっこう怖い・・・。


真夏のゴゾ島。
夏は基本的に一切雨が降らないから草木も枯れ、
見渡す限り荒野が続く。
それが9月になると少しずつ雨も降りだし、
10月からの雨季に向かう。
そのころからまるで春が来たかのように緑が広がり始めるのだ。

夏の後に春が来る・・・、
おもしろ!!!


最後に忘れてはいけないのがマルタバス!!!
ジミーちゃんマルタ名物の黄色いバスがなくなってちょっとふてくされてたじゃん。
あれ、たぶん演技でも大袈裟などではなく本音だと思う。
俺も去年マルタにいったとき、
たとえもうマルタバスがなくなってると分かってても実際みたときはショックだった。
“これじゃマルタじゃないじゃん!!!”
って思った。
バレッタのバスターミナルもキレイにさっぱりしちゃってて・・・。


以前はこの広場にグッチャグチャにバスが止まってたのだ。
行き先もろくに書いてない不親切なバスターミナルがあった。


そしてアナザースカイにもでてきたとなりのトトロの猫バスのモチーフにもなったと言われているあのクラシックなバス、
当時は現役バリバリで活躍してました。

現役時代もこのバスはいつも人々の注目の的。

旧マルタバスのいいところ(?)は、
ドアを閉めないで走ること。


ジミーちゃんはあの先頭の席がお気に入りだったようだけど、
俺はこのドアのところのステップを1段降りたところに立って風を受けながら乗るのが俺の特等席(笑)
番組でも観光用かなんかで走らせればいいのにって言ってたけど、
俺も賛成、だけど・・・、
あのオンボロさは危険レベルに入るでしょう(笑)
乗り心地の悪さは世界でもトップクラスじゃないかな(笑)
真夏の満員のバスの中は冷房がないので蒸し風呂。
そんなとき座ってようものならケツと背中は汗ビッチョリ。
走ってりゃ天井に頭打つこともあるし、尻を椅子に叩きつけられることもある。
信じられますか・・・?(笑)
このクレイジーなバスを経験できて本当によかった・・・。


もうひとつおまけでマルタの猫。
このブログでもマルタ猫特集やったけど、
本当に猫が多い。
それはマルタ人と猫が共存してるとでもいうのかな、
みんな野良ネコをかわいがってるのだ。

なんか温かいでしょ?


今回はアナザースカイをもとに書いてみた。
また書きたくなるかもしれないけどそのときはまたお付き合いを(笑)
今度マルタに行くのはいつかな〜。



にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
クリックお願いします。
posted by ちょび 09:23comments(2)trackbacks(0)pookmark





マルタ猫特集 〜その4〜

さてさて・・・、
マルタで有名なもののひとつでもある、
マルタ猫〜!
5月あたりに書いたマルタ猫特集の続きということで、
4回目のマルタ猫記事ということにしてみました。


マルタは本当にのら猫が多い。
そんな猫のファンが多いのである。
もちろん俺もそのひとり。
大の猫好きさ〜!!!

というわけで今日はマルタ猫祭りだ!!!








ちょっとクールなヤツ。








アッカンベーですか・・・










のほほん・・・










総勢17匹。
そして今回のベストショットはこれ!
上から4枚目の写真の猫なんだけど、
なんとなく・・・恐い。



マルタになんでノラ猫が多いかって、
マルタ人はノラ猫をも可愛がっているのだ。
マルタ人はクレイジーなところもあるけど、
根は本当に心の優しい民族。

先日も書いたけどシャイな民族性もあって、
一見とっつきにくかったり、
スーパーのレジやバスドライバーなど、
不特定多数の客がくるような個人の関係を持ちにくい場所では冷たいことも多いが、
小さな店やひとたびしゃべったり、
共通の知人がいたり、
本当に小さくても少しでも接点があればとことん人懐っこい。

観光中に困ったりしてマルタ人に訪ねると、
これまた優しく教えてくれることが多い。
ときには1を聞いただけでも10教えてくれる人もいるし(笑)


マルタに行ったら是非一歩前に出てマルタ人と接してみてください。
その一歩の違いでマルタ人の印象が大きく変わるはず。
でもクレイジーな一面も楽しんでみても後で笑い話になるよ(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
クリックお願いします。
posted by ちょび 07:46comments(2)trackbacks(0)pookmark





のんびりマルタ猫 〜その3〜

マルタ猫シリーズ、
今回で最後です。


P1060130.JPG

P1060263.JPG
マルタのきれいな青い海をバックに。

P1060290.JPG
昔こんな尻尾のおもちゃあったよな。
グリップを握ると先っちょが折れるやつ。
知らないか・・・。

P1060293.JPG
「何か用ですか?」

P1060158.JPG
美人猫。

aaaa.JPG

aaab.JPG

aaac.JPG
「ヤバイ、見つかりそうだ・・・。」

aaad.JPG
・・・・・。

aaaf.JPG
「見つかった!!!」

aaae.JPG
なんとなくセレブな感じ。


暑くてへたばってる・・・。

P1060050.JPG
マルタ人はこうやってノラ猫も可愛がってるのです。


さぁいよいよ最後。
マルタ猫シリーズの中でもベストショット!
こりゃカワイイぜ・・・。
jjjm.JPG

きのうの記事の最後にも載ってた猫だけど、
これ、
癒される〜〜〜。


以上マルタ猫たちでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
クリックお願いします。
posted by ちょび 06:29comments(0)trackbacks(0)pookmark





のんびりマルタ猫特集 〜その2〜

さてさて第2弾ですよ。
またひたすらマルタの猫の写真のみなんで。



P1050684.JPG
「おこぼれちょーだい!!」

P1050833.JPG
イムディーナの門番

P1050938.JPG

P1050941.JPG
地面にスリスリ・・・

P1050945.JPG
「なんか匂うぞ・・・」

P1050948.JPG

P1050954.JPG

P1050955.JPG
そんな狭いところで!!!

P1050676.JPG
「怪我したくなければ近寄るんじゃねぇ!」

P1050958.JPG
「わしがここの主じゃ。おぬし、何やつ?」

P1060152.JPG
「どうだ!まいったか!」

P1050960.JPG
「俺たちにはカンケーないもん!」

P1050962.JPG
「争い事はおやめください」



今日はここまで〜!
次回でラストです。

posted by ちょび 05:33comments(0)trackbacks(0)pookmark





のんびりマルタ猫特集 〜その1〜

ドイツ生活ブログもちょっと息抜き。
もうかれこれ半年前くらいになるけど、
マルタ猫の写真をアップすると言ってて忘れてたの思い出して、
ここらで載せてみようかなと。

マルタの猫は知る人ぞ知るマルタ名物のひとつなのだ。
街を歩けばひょっこり現れるカワイイ猫たち。
俺みたいな猫好きにはたまらんね。

特に説明もいらんだろ。
先に言っとくけど、
ひたすら猫の写真だよ。


P1010826.JPG
「な〜に見てんだよ!」

P1020027.JPG
「通行証をお見せください。」

P1040387.JPG
俺の一番のお気に入り。
ドスのきいた目をもったマルタ猫総長。

P1040523.JPG
忍び!

P1040565.JPG

P1040566.JPG

P1040606.JPG

P1050387.JPG
忘れもしない、この猫の視線の先は・・・
トップレスでうつ伏せに寝てる女の子だった。
このスケベ猫!

P1050393.JPG
「うまいもん落ちてないかな〜。」

P1050474.JPG
これはほぼ飼い猫らしい。

P1050665.JPG
黒過ぎてどういう格好してるのかわからん。

P1050670.JPG
「誰か呼んだか〜?」



とりあえず今日はこんなところかな。
またボチボチと続きをアップしますのでお楽しみに。



にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
クリックお願いします。
posted by ちょび 07:38comments(0)trackbacks(0)pookmark





日本にいてもやっぱりマルタ

いや〜ハードな毎日です。
何がって?
忘年会!
飲むほうじゃなくて仕事が。
毎日ヘトヘト・・・。


でもそんな中でも忘れてないのが
“出会い”
先週と今週の2週連続で行ってきました。

マルタ会


それぞれ別の集まりで。
まずは先週のマルタ会。
会場は先日料理教室をやった家。
主催者はその家主のミドリさん。
マルタで出会ったフランス料理教室の先生ね。

ゲストにはマルタ留学の大手エイジェントの代表の方をはじめ、
HISのマルタ担当の方、マルタに留学した方、これからする方、などなど。


そして今日のマルタ会はマルタ経験者のみの会。
俺もマルタでお世話になった方に誘われて。
この方はすごく面倒見が良くて、
マルタでの日本人の母的な存在。

他にもマルタを深く知る人、
まだ1度しか行ったことがなく、
再渡航を強く望んでる方など。

マルタ人も2人参加。
日本人女性と結婚して日本に住んでるんだって。

久しぶりに英語しゃべった。
まだまだ衰えてないぜ、俺の英語!
相変わらずカタコト・・・。


それはそうと、
なんかマルタの話をしてるときって、
誰からも不思議とエネルギーを感じるんだよね。
マルタの素晴らしいことを話してるときはもちろん、
マルタの文句を言ってるときまで(笑)
これはイタリアの話をしてるときにはなかった感覚なのだ。

やっぱりマルタ、
なんか持ってます!!!



さてドイツに移住まであと1カ月半というところかな。
3日前にケルンの天気を見てみたら、
最低気温がなんと
−14℃!
いくら今ヨーロッパに大寒波が来てるとはいえ、
俺生きられるんだろうか・・・。
ヒートテック買い込んで行かなければ!

posted by ちょび 02:07comments(4)trackbacks(0)pookmark





さよならマルタブログ

うちのインターネットは9日に開通するらしい。
というわけでまたインターネットカフェより。


マルタのまとめでもしようかね。


・まずマルタという土地。
まぁ再々書いたけど何よりきれいな海!
これはね、24時間365日見てても飽きない!
というのはおおげさだけどそんくらいの感覚だよ。

それ以外の大自然。
すべてがド迫力!
日本では安全のためとかで入れないようなところもお構いなしに入れる。
ってことは思いっきりそれを見れるってことだ!

そして多くの古い歴史。
これは俺は興味なかったので自分の目で確かめてくれ。


・続いてマルタ人。
のんびり、
陽気、
おしゃべりが最優先、
俺より(?)女好き、
いい加減、
頭が固い、
予想外なことに対応できない、
突っ込んだ話をすると「頼むからもう行ってくれ」と逃げる、
観光客に対してすごい上から目線。

こうやって見ると悪口ばかりに聞こえるだろうけど、
俺は実際にこう感じた。
もちろんそうじゃない人もいるよ。
でも今は嫌いじゃないんだよね。


・マルタにいる人々。
みんなのんびりしていて、
ピリピリしたオーラを出してる人はひとりもいない。
急いでる人もいない。


・語学学校。
通常の先生たちは相性はあるにしろ、
それぞれの先生が授業を工夫して、
一生懸命教えてくれる。
この劣等性だった俺にもだ。
ただ夏にアルバイトで先生をしてた大学生は本当に最低だった。

アクティビティも充実してるほうじゃないかな。
あまり使わなかったけど。

テキストのトピックスが難しい。
ビジネスや環境とか、
日本語でも答えられませんけど・・・
みたいなこともしばしば。
そいうときは先生が話題を代えてくれたりもするけど。

そんなわけで学生対学校という面では満足。
ただ個人対学校という面ではいただけない。
何がって、
どうにか学生から金を巻き上げようという精神が本当に腹が立った。
たとえばグラス1個割りました。
そのまったく同じグラスを2ユーロで売ってるのを知ってた。
でも学校が請求してきたのは30ユーロ、
あとお金をとるためなら平気でウソもつく。
他にもあげたらキリがない・・・。

あとはスタッフ同士で伝達がいつもできてない。
そういう面では最低な学校だった・・・。
学校としては好きだけど、
この会社としては大嫌い。


・その他では、
物価が安い、
治安がすごくいい、
若返る(俺だけか?)、
バスが終わるのが早い、
ハエ・蚊が多い、
マルタの中で都会にあたる地域は空気が汚い、
よって喉をやられる、
車や工事の騒音がヒドイ、




そんなマルタ人の悪い面と、
学校への怒りがちょうど重なって、
4ヶ月目あたりに俺は本気でマルタを嫌いになったさ・・・。
この国沈んでしまえと思ったくらい。

でもあの強行スケジュールの面接の旅へ出てマルタに帰ってきたとき、
まずバスドライバーに腹立てたけど、
なぜがその怒りにどこかホッとしてる俺がいたんだよね。

そこから俺のマルタを見る目が変わったのだ。
マルタはこのままでいいんだって。
俺がすごく感じたのが、
マルタ人は今のままでいたいと思っている。
これ以上発展しなくていいし、
今の生活が幸せなんだって。
だからこののんびり感があるのだ。
競争に追われない人々。
だから他の国とは違う空気を持っている。

新しいのが新しいのではなく、
今を残すのも新しい。
まさに愛媛の島にいたときに感じたのとまったく同じことを感じた。
でも実際はどう考えてるか知らないよ。


だから今俺はいいとこも悪いところも含めて
マルタが大好き!
もちろんクレイジーなマルタ人も。
腹立ててもいいじゃん。
腹立てれば立てるほどいい想い出になるさ。


来年の夏はドイツからマルタに行くぞー!



ってことで8ヶ月間に及ぶマルタブログ、
これにて終了です。
これはこれで寂しいな・・・。
何かマルタに関しての俺の経験からで聞きたいことがあれば、
いくらでもお答えしますので遠慮なくどうぞ。
shinnosuke9721アットマーク ホットメール .シー オー .ジェイ ピー


次回からは銀座でボチボチ働きながらの、
ドイツに行くまでの日本での充電期間ブログになりますのでまたよろしく!

Thank you for everything Malta;-)))


そういや英語書いたらうれしい話思い出しちゃった。
最後の1ヶ月くらいで、
他の国籍の学生たちに、
「シノの英語の発音は他の日本人より聞きやすい!」
って4人から言われたのだ。
本当はもっと外人らしいかっこいい発音をしたかったけど、
それができずあきらめて和製英語で貫き通してたし、
特別発音に気を使ってたわけでもないんだけどね。
これがロングステイの効果なのかな。

そういやミュンヘン空港でアンケートにきたドイツ人といっぱい英語で話したとき、
一度も聞き直されることなかったし。
俺は散々聞きなおしたけど(笑)

ちょっとね、
自慢!!!
そして自身になったよ。

posted by ちょび 01:49comments(4)trackbacks(1)pookmark





amazing rainbow in Malta

起きたら朝から暴風雨。
雷も鳴ってるし、

「今日はホリデーだぁ!!!」

なんて言って休む気満々だったけど、
やっぱり良心が痛む・・・。
結局行くことにしたのだ。

さすがのすごい雨に今日はバスで行くことにしたのね。
バス停まで歩いて3分。
傘をさして寮の玄関を出ると、
見事に3秒で破壊!
ルームメイトと、
「これは走るしかないだろ!!!」
ということでダッシュ!

しかしここマルタのアスファルトはよく滑る。
濡れてなくてもたまにツルッといくことあるくらいだから。

タイミング良くバスがいたものの、
結局髪や服はビチョビチョだぜ・・・。



そんな雨あがりの午後、
マルタに虹が出た!
P1060018.JPG

俺の人生の中で自然の虹を見るのは3度目くらいかな。
めっちゃきれいだった。


ただ俺のこの時期になっての虹は、
まるで俺のマルタ生活を表してるみたいで、
なんか心にジ〜ンときちゃった!

雨が降ったりやんだり、
時に土砂降りに当たられて、
最後には虹が出る。

マルタ生活を過ごしている中で、
もちろんたくさん楽しいことあったけど、
時には俺だって落ち込んだり腹立てたり、
マルタが大嫌いになったりもしたけど、
やっぱり俺はマルタが大好き。


ドイツに行くことも決まってるし、
今は早く日本に帰りたいなんて友達に言ってるけど、
なんだかんだやっぱり俺寂しいんじゃん!

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ

 ↑クリックしていってね!
posted by ちょび 05:04comments(8)trackbacks(0)pookmark





日本人に囲まれて

今日は日本人相手に日本食パーティを開いてみた。
最近長期滞在の子が増えてきたし、
まぁたまにはそういうのもいいかなと思ってさ。

学校のあと買い出しに行って、
別の寮でやることになってたんだけど、
そこがけっこう狭いくてさ・・・、
仕込みも物を置く場所がなくて大変なのなんのって。

どうにかこうにか大体準備もできて、
人が集まり始めると、いらっしゃ〜い、
さらにいらっしゃ〜い、え、まだ増えるか!!!!
なんとなく会う人みんなに声かけてたから、
結局20人くらい集まったのかな。
それこそすし詰め状態。
この写真に収まりきらなかった子も多々。


でも俺こういう狭いの嫌いじゃないんだよね。
居酒屋でも友達同士だとこういう方がよくない?
なんか一体感があるというか。
かわいい妹たちです!


なんだかんだ喜んでもらえたみたいで本当によかった。
このあとやっぱりパーチェビルに行って酔っ払ってたんだけど。


マルタに来て以来たくさんの人にお世話になった。
特にやっぱりヨーロッパ各地に住んでる日本人の方たち。
いっぱい助けられました。
だから自分も少しでもここで人の役に立てればいいなぁなんて思ってるな。

あ〜なんかこんなこと書いてると、
本当に終盤に差し掛かったんだなって実感。

あと14日

とうとうカウントダウンの単位も“ヶ月”、“週間”から“日”になってしまった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑ クリックしていってね!!!
posted by ちょび 05:15comments(2)trackbacks(0)pookmark





これ、マルタブログ

今日も特にはやることもなく、
学校から返ってからビーチに行ったんだけど、
久しぶりの思いっきり真っ青な海!

もうここ最近はきれいな海を見るたびに、
“こんなにきれいなのはこれが最後かも”
なんて思いつつ毎回目に焼き付けてる俺。
帰国するころには青い目になってたりして!!!


そのくらい青い海が見れるのも貴重な天気。
明日からまた雲が増えそうだし。
また来年の夏にはまた見れる予定なんだけどね。



今日の夜はとある日本人女性と食事に出かけたんだけど、
彼女はきのうマルタに到着した留学生で、
このブログも少し参考にしていてくれて、
そこから数度メールのやりとりをしてじゃあマルタで食事でも、
というきっかけだったのね。


このブログがマルタブログになって約7ヶ月、
マルタに行ったことがあるよ〜、
今度マルタに行きますよ〜、
マルタに留学しようとしていま〜す、
といった方からコメントをいただいたり、
マルタに関しての質問が来たり。
マルタで「ちょびさんですよね?」
って声をかけていただいたり。

やっぱりこういうのって嬉しいもんじゃん。
こんなブログですら少しは人の役に立ってるなんて思うとね。


ちなみに一緒に食事に行った女性がこのブログに出会ったきっかけは、
「マルタ 蚊」
で検索したら出てきたとか。
“蚊”かよっ!
まさか蚊のおかげで友達ができるなんて思ってもなかった、
なんて一緒に大笑いしてました。


あと3週間ちょっとで帰国するけど、
マルタでちょびを見つけたらどうぞ声をかけてください。
ちょびは舞い上がります。

マルタに関する質問も分かる範囲で、
しかも個人的な見解での答えになるけど、
どんなにちっちゃなことでも聞いてね。


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑ 情報料いらないけどクリックお願いします!
posted by ちょび 09:06comments(6)trackbacks(0)pookmark