ちょびのチョビ髭な干しぶどう

日本料理はいいもんだ!
それだけを胸に
ドイツのケルンでちょびが駆け回る!





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





サーメ族との夢が覚ぁめないうちにin北極圏 〜スウェーデン編〜

さてオーロラですが、
昨日も今夜も天気が悪くて見れそうにもないです・・・。
まぁまだ今夜は長いから諦めてないけどね!
とは言えホテルの人に聞いても今夜は晴れないだろうとのこと。
来年また来ますかぁ!


そんなわけで北極圏の情報を書きまーす!
俺北極圏にいるんだって!
すげっ!!!(笑)

北欧のこの辺りのことをラップランド地方というそうです。
ノルウェーとかフィンランドも含めて。
まぁまずはそんな北極圏の街の様子。



樹木も凍りついてます。


雪国に住んだことないから分からないけど、
雪の上で自転車ってアリなの???


街の教会。

ホテルから街中に行くまで歩いて30分くらいだったんだけど、
雪道を歩くのには慣れてないから大変!
しかも関東では味わったことのない本当のサラッサラのパウダースノー。
蹴り上げると砂ぼこりのように風に乗ってフワーって!!!
太陽の光ではなく照明での偽物だけど、
ダイヤモンドダストも見れた。


ゆうべこの街でやっているアクティビティで、
馬に乗ってオーロラを見よう、
というのに昨日参加したわけだ。
オーロラは見えないことは分かってた。
でもそれより魅力的だったのが、このラップランドに居住しているサーメ族の人々に会えるということだ。
こう言っては失礼だが、
地球の果てで暮らしてる民族に会うことなんてそうそうないじゃん!

そんなわけで昨日の16時にホテルでピックアップ。
そこから車で30分ほど離れたところまで行った。
まず馬小屋に案内され、
そこには馬以外にもいろいろ動物がいた。




このヤギ(?)、
ボケーッとした顔しながら甘えん坊。
俺が説明受けてるときもそばに来るもんだから、
撫でてあげないわけにいかないじゃん。
やっと離れても目が合ったが最後、
静か〜に近寄ってきて体をすり寄せてくる(笑)
かわいすぎる!!!


そしてこれが俺を乗せてくれた馬。
白馬だ!!!

インストラクターがそれぞれの参加者の経験などを踏まえて乗る馬を決める。
経験なしの俺は一番最初にこの馬に決定された。
ちなみにこのインストラクターはかわいらしい若い女の子。

たずなや鞍などの準備も全部自分でやらなければいけなくて、
説明はしてくれたもののさっぱりわからなかったんだけど、
隣にいたイギリス人の女性はすごく慣れていて丁寧に教えてくれた。
しかもその女性、
偶然にも少しだけ日本語が喋れるという驚き。
んでここで俺のちょっとした自慢。
言わせてー!(笑)
「あなたの英語の発音はすごくいいわ!」
マルタでも言われた俺の英語は聞きやすいというのに加えてこれ!
うれしいですなぁ〜。
でもそれが何故だかがさっぱりわからない。
ネイティブのように発音できないからかっこよく喋ることは諦めて、
もう和製英語でもいいやって妥協したのに・・・。


準備も整っていざ出発。
インストラクターを先頭に参加者10人が馬の列を作って北極圏の森の奥深くへ・・・。
オーロラは見えないものの、
神秘的です・・・本当に。
残念ながら写真はないけど、
とにかく静かで、
雲に反射する雪明かりだけを頼りにどんどん森の奥へ。

途中バイソン(野牛)と思われる大きな動物がシルエットだけ見せたり。
そんなときは止まってくれて静かにみんなで見守る。

そうやってただ馬に乗って歩くだけだけど、
“俺って今すごいところにいる!!!”
ってひとりで勝手に興奮してた(笑)


およそ1時間くらいで馬小屋に戻り、
俺の前を歩いていたスイス人のおっちゃんが話しかけてきた。
「俺が木を触ったとき君に上の雪が落ちたらしいね!今コイツ(俺の後ろを歩いていたおっちゃんの息子)から聞いたよ。ゴメンゴメン!」
そう、そんなことがあったのだ。
「いやいや、雪をかぶったのは俺じゃなくてこの馬の頭の上だったんだ。止まってブルルルルってやってたよ!」
なんて楽しいひとときも(笑)

みんなが道具を片付け終わるとインストラクターの女の子が、
「さぁ、食事にしましょう!」
と言って別の場所へ連れて行ってくれた。

その女の子が入ったのは小さな小屋。
ここに10人も入るのかよ!
ってくらい小さい。

でも中に入ってみると意外と広く、
真ん中では火が焚かれ、
床には本物の動物の毛皮が敷いてあった。
足の形とかもしっかり残っている。
伝統的なサーメ族の小屋だったのだ。
この小屋のことをティピというそうだ。

こうして皆で火を囲み暖をとる。


天井。
真ん中はガラスもなんにもなく開いている。

まずはホットワインが配られた。
この前の日にも飲んだんだけど、
スウェーデンのホットワインはドイツのグリューワインと言われるホットワインとは違って、
だいぶアルコールも飛んでいるのでアルコールに弱い人にはすごく飲みやすい。
ほんのりと程よく効いたアルコールが冷えた体を温めてくれた。

そのあとはこれまたサーメ族の伝統的な料理、
ヤギのスープだ。
具は野菜だけ。
ハッキリ言ってまずくもなく特別おいしいわけではないが、
民族料理としてすごく興味深い味だ。
簡単に言うとワイルドなコンソメスープって感じ。


この器もサーメ族の昔ながらのもの・・・だと思う。
お土産屋に同じのいっぱい売ってたし・・・。

食事も終わり少し落ち着くと、
女の子がコーヒーなどを入れてくれながらサーメ族やラップランドについて語ってくれた。
若いながら本当によく知っている。

俺この写真すごく好き!


この喋り方がかわいい・・・!

こうしてまったりしながらサーメ族の文化に触れたのだった。
これもすっごく貴重な体験だった。
それにアトラクションのように再現している感じではなく、
現実にまだこの文化を受け継いでいるように見えた。
とはいえさすがに今はこの小屋で住んだりはしていないようだが。

このアクティビティに参加して本当に良かったと思ったよ。
自分ってまだまだ世界の知らないことがいっぱいあるんだということを改めて実感もした。
俺、グッドチョイス!!!
もしオーロラ見れなくてもこれだけでも素晴らしい収穫だ!

最後にインストラクターでもあるサーメ族の女の子と。
ちょっと彼女の写真写り悪いかな。
実物はもっとかわいいです。(どうでもいい?)




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
クリックお願いします。
posted by ちょび 07:43comments(0)trackbacks(0)pookmark





マイナスだらけの世界でも俺はホット 〜スウェーデン編〜

さて現在なんと北極圏に来ています!
キルナというスウェーデンでも北の果てにある街。
以前も書いたけどオーロラを見るためにやってきました。
チャンスは今夜と明日の夜。
さぁ俺はオーロラを見ることができるかな???
この詳細はまた明日にでも。

とりあえずそんなに寒くはなく、
現在マイナス10℃くらい。
マイナス20〜30℃くらいを予想して準備してきたから、
むしろあったかいくらい(笑)


今回も普通の街観光はあとで暇なときにするとして、
まずはスウェーデンの第一印象を書いてみよう。

とは言ってもタイミングが悪かった。
だってエストニアの後では“人”で勝ち目ないじゃん(笑)
でもスウェーデン人もなかなか親切。
ただ、ストックホルムは大きな街なだけあって、
親切だけどなんかよそよそしさを感じるかな。
事務的な笑顔というか、
東京っぽい。

イタリア留学したときスウェーデン人がいっぱいいて、
女の子はみんなキレイだって感じたのね。(またこの話題か!!!)
北欧美人とも言うじゃん。
それも今回楽しみに来てみたら、
全体的にドイツ人の方がキレイ・・・。
って感じた。
ちょっと残念(笑)

とは言ってもヨーロッパの中では人はすごい親切だし、
女性も日本から来たばかりならすごくキレイに見えると思うよ。
あ、でも決して日本人女性がダメと言ってるわけではないですよ。
最近ちょっと外人女性に鼻の下が伸びてる年頃なだけ(笑)
なんだかんだ日本人女性が一番素晴らしいと思ってます。
フォローじゃなくホントに。

そして物価が高い!!!
晩飯だってレストランじゃとてもじゃないけど食べれない。
最後の晩には1度は食べようとは思ってるけど。

街の建物はすごくヨーロッパらしくてキレイ!
ドイツで慣れててもそう感じるくらいだから、
日本からだったら興奮しまくると思うよ。
それと海なのか川なのかわからないけど、
小さな小島で成り立ってるストックホルムは水辺がたくさんあって清々しい。

人々がデカイ!
男も女も!
こないだ満員電車の中で目の前に女性がいたんだけど、
俺の目線の高さはその女性の肩くらい。
もちろん小柄な女性もいるけど、
こういうのも珍しくない。

そんな第一印象でした。



昨日またたくさん歩いて、
夜になりその辺のレストランも混み始めたので、
じゃあ俺もそろそろ帰ってサンドイッチでも食うか、
と戻ってきたらなんとまだ15時。
これだけ日没が早いと調子狂うな・・・。

夜になって思いついたのが、
そうだ、アイスバーに行こう!!!
全てが氷でできてるバーだ。
今まさにいるキルナの近郊にアイスホテルというのがあって、
それはホテルの全てが氷でできたホテルで、
それのバーの店だそうだ。

場所は俺が泊まってたホテルから徒歩5分。
あっという間だ。


ここがレセプションで、
エントランス料・防寒具・ワンドリンク込み45分間で1回の料金。
時間になると奥の待合室にみんな呼ばれ、
店員さんから防寒具をバサッと豪快にかけられる。
この豪快さにはみんな大笑い!

さぁいよいよ中に入ると、
本当に氷だらけだ!
部屋の中はマイナス5℃に保たれているそうだ。




もちろんグラスも氷。
これにウォッカベースのカクテルが作られるのだ。
メニューは全部で8種類くらいっだったかな。
多分お好みでも作ってくれそうだったけど。
ちなみに最初に俺が頼んだのは“Northern Light”
オーロラという意味だ。
何がオーロラなのかは分からなかったけど、
この際気にしない(笑)






当然(?)ひとり客は俺だけなんだけど、
この演出が俺を手助けしてくれた。
みんなもちろん写真を撮りたがるじゃん。
そうすると撮ってもらうのに一人の俺は頼みやすいらしく、
そこからたくさんの人と仲良くなった!
もちろん俺も撮ってもらったさ。




どさくさに紛れて撮らせてもらったカップル。
フレンドリーな二人だったし女の子キレイだったし(笑)

音楽もまぁまぁ大きな音で流れていて、
ちょっとしたクラブみたい。





こんな感じでスウェーデンでも周りの人々に恵まれて、
ひとりでも寂しくない旅になっています!
はぁ〜、ヨーロッパ大好き!!!


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
クリックお願いします。
posted by ちょび 07:12comments(4)trackbacks(0)pookmark





カウントダウンでノックダウン 〜スウェーデン編〜

みなさん、明けましておめでとうございます!!!

早速本題に入りますが、
きのうスウェーデンのストックホルムに到着。
幸いきのうは天気も太陽がいっぱい出てたのに、
まぁ言わなくてもわかるだろうけど、
寒い・・・!
昼の2時にもなれば霜が降り始めるほど。


いろいろ街のことも書きたいけど、
まずはゆうべのカウントダウンだ!
初めて迎えるヨーロッパでの年越し、
さぁいかがだったものか。



31日午前3時半に家を出てきたものだから、
前の晩は一睡もせずだったので夕方に2時間ほど寝て22時頃からカウントダウン会場へ向かった。
その会場はスカンセンという屋外博物館の中にあって、
その模様がスウェーデンのテレビで全国放送されるとか。

ここは少し高台になってるので、
ストックホルムの中心街がよく見える。
会場到着が22時半頃。
もうすでにあちこちで花火があがっていた。

人数もどんどん増えていき、
ライブが始まる23時10分にはもう会場いっぱいになった。



ライブが始まり、
聖歌隊やアーティストたちが歌う。
紹介されたとき観客の歓声がすごかったから多分有名な人たちなんだろうね。
他にもファイヤーパフォーマンスもあり、
テンションはどんどんあがっていく!!!








紹介のときや歌い終わったあと、
みんな拍手をするんだけど、
もんな分厚い手袋をしてるものだから、
“パチパチパチ”
という音じゃなくて、
“ボフボフボフ”(笑)



この動画の最後はライブも大詰め、
間もなくカウントダウンが始まる最後の聖歌。
花火も勢いを増している。


ライブの途中で鳥肌が立つほどのそれはそれは美しい演出があった。
“灯篭飛ばし”
この場所からももちろん、
他にもいろんな場所からも飛ばしてるようで、
空にはたくさんの灯篭が飛んでいた。

するとまさかの俺のすぐぞばでもひとつ飛ばそうとしていた。




何も音を立てずに静かに空に昇っていく灯篭、
なんて幻想的なんでしょ!!!
あまりのキレイさに本当に鳥肌が立った。


誰だかがは分からないけど詩を朗読して、
さぁいよいよカウントダウンだ!
スウェーデン語だから数字がわからないけど、
そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!(ちょっと古いか・・・。)
みんなのテンションがあがればもうすぐだということだろう!
と思ったんだけどあれ?
なんかグダグダで新年の瞬間が訪れたような(笑)




このときの気温なんとマイナス9℃!!!
動画を撮るのにこれだけ長く素手を出してると手が震えるし痛くなってきた。


いやぁ本当にヨーロッパらしい年越しだった。
帰りには徐々に静かになっていく中、
灯篭があちこちで飛んでいてこれがまた一段とキレイだった。

しかし現実は厳しかった。
これだけ多くの人が一斉に帰るのだ。
もちろん帰りのトラムはすし詰め状態。
まるで日本の朝の通勤ラッシュなみだ(笑)
本当に腕が動かせないくらいギュウギュウ。
道路はお盆の帰省ラッシュのように動かず。

ホテルに着いたのは1時半ころ。
ほとんど寝ないでカウントダウンに行っていたので、
ゆうべはブログも書く気力もなくおやすみしました。


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
クリックお願いします。
posted by ちょび 02:11comments(2)trackbacks(0)pookmark





年末旅行第2段の出発

現在午前3時。
旅立ちの準備も終わって時間が余ったところだ。


今日でうちの店も年内の営業終了。
だからなのか物凄く忙しくて、
俺が来てから最高の売上げとなったくらい。
仕事が終わったのも0時近くだった。

俺は自分を責めた。
なんでこんな時間に出発しなければいけないフライトを選んだのだ・・・。
俺のバカバカバカー!
と思ったのはほんの一瞬。
その後は旅行に向けて当然ルンルン気分さ(笑)

とはいえ体はやはり疲れてるのでなかなか前に進まず、
結局この時間になってしまったというわけだ。


31日のストックホルムの予想最高気温はマイナス2度、
最低気温はマイナス6度、
おひょひょひょ・・・。
特に夜が冷えるみたいなんだけど、
夜には屋外でのカウントダウンに行く予定。
凍らなければいいけど(笑)

今回はトータル5泊6日の旅です。


というわけでボチボチ出発します。
またスウェーデン旅行記、
書くと思うのでよろしく〜。



ところでとうとうユーロが100円を切ってしまった!
どこまで下がっていくんだろう・・・。
もう日本に帰れないじゃーん!

いってきます!!!


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
クリックお願いします。
posted by ちょび 11:15comments(0)trackbacks(0)pookmark