ちょびのチョビ髭な干しぶどう

日本料理はいいもんだ!
それだけを胸に
ドイツのケルンでちょびが駆け回る!


<< 日本らしい季節の先取り? | main | 外人気分 〜日本編〜 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





男たちの戦い???

4月30日から5月1日にかけてとあるイベントがあります。
名前は聞いたけど覚えられず、
夜中に男の子たちがセッセと頑張るのだ。
その結果がこれ。


七夕みたいでしょ!
去年もこれが何なのか教えてもらったけどよく分からず、
今年は少しは分かったのでご紹介。

これは男の子が好きな女の子の家の前に、
この木を運んできてリボンをつけておくそうだ。
この木の名前は・・・、聞いたけど忘れた。
逆にクリスマスで使うもみの木を置くと、
それは嫌いを意味するらしい。

木は大きければ大きいほど大きな愛だそうだ。
この写真のは小さい方。
でもやはり大きい街中ではあまり大きいのはなく、
小さな町ではすごく大きいのがあるらしい。


数人の男が1人の女へ木をあげようとしているとする。
先に置かれた木は次に来た男に外されることがあるとか。
だから簡単には外せないように頑丈にとめるそうだ。
この夜は男たちの戦いなんだって(笑)


普通は誰に、誰からというのは書かないらしく、
シェアルームで住むのが一般的なこちらでは、
例えば女の子が3人で住んでいたら誰への木なのかわからないこともあるらしい。
しかもひとつの建物でいくつもの部屋があるから名前書かなければ分からないよね。

それでかこの写真には名前が書いてあった。
テレザ。
カフェでくつろぎながらこの写真を撮ったんだけど、
そのあと親子で2人出てきて、
「テレザ!」とお母さんが呼んだのでそれが本人だと分かった。
10歳くらいの女の子だ。
その子はとても嬉しそうにこの木の写真を撮っていた。


この木は5月31日に置いた本人が片付けるのだけど、
そのとき女の子はお礼にビールをあげるそうだ。
しかしそれは女の子からのOKのサインではなくアクマでお礼なんだって。

でもその日を過ぎても木が片付けられていない場合、
それは愛が実らないどころか壊れてしまった証拠らしい。
男が片付けにもこないんだって・・・。

という微笑ましいイベントでした。




話は変わって以前から見かける広告看板。
日本では絶対にありえなそうなこれ!


おしり丸出し!!!
これが大通り沿いに大きく貼られているのです。
う〜ん、きれいなおしり。
当然俺はこの前を通る時はいつも拝んでました(笑)




久しぶりのブログ更新でした。
特に理由があるわけじゃなくただネタがなかっただけなのでご心配なく(笑)
しばらく書かないと書き方忘れるもんだね・・・。





‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒˆ[ƒƒbƒpî•ñ‚Ö
久しぶりにクリックお願いします。
posted by ちょび 06:21comments(4)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 06:21 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











おひさしぶりです。元ケルン仲間のカジです。
この木、こんな意味があったんですね!片思い状態のときにくくりつけてるのを見られたりするのは、恥ずかしいんだろうな〜。想像するだけでドキドキしてきました(笑)
kaji | 2013/05/02 8:06 AM


> かじさん
お〜、お久しぶり!!!
日本生活はいかがですか?
学生時代はそういうイベントではドキドキしましたね(笑)
その頃のようなドキドキをまた味わいたいもんだ・・・。
ちょび | 2013/05/02 10:45 PM


日本も悪くないですよ〜。ドイツにいたときの自由な気持ちを、ある程度持って生活できてます。
来年の4月末、ちょびさんに片思い相手がいたら、横で励ましてあげます(笑)
kaji | 2013/05/03 8:04 AM


> kajiさん
ありゃ〜、コメント入ってたの見落としてた。
まだ見てるかな・・・。
来年4月にまた来るんですか?
ちょび | 2013/08/01 6:47 AM


この記事のトラックバックURL
http://tyobihige.jugem.jp/trackback/588